休息をうまく取り入れれる選手が強くなれる!

2020.8月

今年はコロナ渦で、春から夏の季節が変わる時、練習が思うようにできなかった子どもたちが今年は確実に多いはずです。

なのに、今夏はギュッギュッに詰め込んだスケジュールで、大会やら練習やらで疲労困憊の子どもたち。

大人の気持ちはわかりますが、子どもたちの将来を考えるなら時間管理を、関わる大人たちがしっかりとせねばなりません。怪我が増えるのは当然ながら、気持ちが続かず夢を諦めざるを得ない子どもたちも増えちゃいますよ。

何の為の今なのか?? 今一度、私も含め関わる大人が考える時・・・
帳尻合わせ的なやり方で、子どもたちを管理するのはやめましょう。

こちらは積極的休息の一例

練習=食事=休息

ここが基本ですよ!

そして休息の方法にもその選手にあった様々な種類があるので、ご興味ある方はお問い合わせください。