コミュニケーションの基本は会話である

2020.2月

ラプソード導入の体験で、未来高校野球部様へのサポート

本日は、ラプソード導入の体験で未来高校野球部へお邪魔してきました。通信制の学校ということで、スポーツを本格的にやるにはもってこいの学校でした。室内練習場は昔養鶏場だったらしいのですが、今はしっかりと整備がされていました。

監督やコーチ陣の明るさや柔軟さが選手たちにしっかりと伝わっていて、野球部のイメージが見事に覆りました。また、可愛いマネージャー2人の積極さにも感動!

補食のこと、水分補給のこと、フィジカルトレーニングの時のサポートの仕方など、チームが強くなる為に自分たちができることを増やしたいという熱い気持ちのマネージャー。マネージャー育成も、チームが強くなる為の大切なアプローチなんだなと感じました。

そしてなんといっても、選手と指導者の会話のキャッチボールがあることに感動。当たり前なことなんですが、ここがなかなかできていないチームが多いのです。

自分のことを伝えられる環境、それをしっかりと聞いてくれる相手がいること、コミュニケーション力はチーム強化のベースになります。

本日行ったラプソードでのデータ収集が、今後の練習やトレーニング、指導力に繋げていくか。トレーナーと指導者、そして選手本人がしっかりとコミュニケーションを取りながら、是非とも強いチーム、勝てるチーム、人間力のあるチームに育っていってほしいと思います。

何度も言いますが、データを取って満足では駄目です!データを取ることが目的ではないですよ。

ラプソードにご興味のある方は、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。お試しは無料です!(投手3名、打者3名まで)

定期計測をされるチームはトレーナーがデータ分析をしてレポートをお渡し(説明)致します。私は、マネージャー育成を本格的にスタートさせます!!