コロナが未来の宝の意識を変える

2020.5月

女子アスリートのオンラインサポート

今日までの振り返り(反省会ではなく)と今日からの行動計画を作成の前に、選手に「コロナで大会が全部なくなり、練習ができない毎日だったけれど、何か気持ちに変化があった?」と聞いてみた。

「はい、ありました。いままでは競技で成績を出して推薦で大学へ行ってと考えていたけれど、その先の事はあまり深く考えていなくて・・・将来自分が競技以外に何をしたいのか、本当に好きなことはなんなのか、いろいろと考えてみました。そしたら今、〇〇に興味が湧いてきて、推薦で進学ということだけではなくて、〇〇を学べる学校にまずは資料請求をしてみました。そして、コロナ前までは結果を出さなければ次がないとかいつもそんなことを考えていて、競技が楽しいと思えなかった時もあったけれど、今はとにかく家でお父さんと練習をしている時が楽しいんです。」と。

「凄い!意識の成長!コロナ様様だね」と私。アスリートとしてではなくひとりの人として成長をしていました。

彼女はサポートをさせていただいていて2シーズン目。コロナ前から、そしてコロナに入ってからもフィジカルコーチや栄養コーチと共にとにかくうるさく、しつこく伝えてきたことは、

●どんな環境や状況にも自分をアジャストする

●アスリートの前にひとりの人としてやるべきこと

●大会だけを目標設定としないこと

選手本人にそして保護者様にも、伝えてきたこと。保護者様に至っては気分を慨されるのではないかと思いながらも・・・

コロナに入ってからは、リアルで伝えることが減った分、文字に起こして伝えることが増えて、文字にした分強い表現になることも多々ありました。でも、絶対にサポート選手だけはどんな状況にも順応し、変化できる選手であってほしいと。アスリートとしての成長だけではなく、ひとりの人としての成長をしつこつ、しつこく、しつこく伝えさせていただきました。それがこれからの時代の「生き抜く力」になると。

「中止」や「延期」ということにいつまでも一喜一憂することなく、ひとりの人としての夢、そして人生の通過点となる目標に向かって「やるのみ!!」。

コロナのおかげで気付いたようです。意識変化により行動計画の作成もより具体的になり、さらに先月立てた中期目標も修正したいと。凄いですね、子どもって。大きな夢と目標に向かって全力で楽しんでいきましょう

今シーズンが楽しみです!