未来の宝のサポートは面白い

未来の宝が10人いれば、10通りのアプローチがあります。決して一つではありません。

関わる大人(指導者)がこれを自身の経験や世の中の常識で関わってしまうと、未来の宝達はエラーを出します。伸び悩み、燃え尽きも、怪我もいろいろな形でSOSを発します。

「結果や行為で私・僕をみないで」と・・・

様々なスキル練習も、様々なトレーニングも、栄養やメンタルなんとかも、エラーの時には反応しません。だからこそ、未来の宝自身を見て、どんな大人に関わらせるべきか、「何」を与えるか以上に、「誰」とが大事になるんです。

個性が多い未来の宝達のおかげで、毎日が学びの連続の私。

私が彼らをサポートしているというより、彼らが私を成長させてくれるありがたい存在。

それぞれの未来の宝に、それぞれのアプローチで、必ず強い、何事にも負けないアスリートにする!

常識に囚われず、どんなアプローチであれ、未来の宝達にとって効果があればそれでいいんだもの。